薬剤師専門転職サイトを利用するメリットのまとめ

薬剤師専門転職サイトを利用するメリット

薬剤師専門転職サイトを利用するメリットを整理します。サイトによって個性はありますが、以下のサービスは概ねどこのサイトでも共通です。そしてすべてが無料という点も同じなので、利用しない手はありません。

 

登録から入職までの徹底サポート

転職のプロが転職者希望者と求人企業の仲介役となる為、転職希望者の方が単独で転職活動を行うより時間・労力面で非常に効率的です。
またキャリアコンサルタントとの面談により、あなたを客観的に分析することで、これまで自身が気が付かなかった強みや特性を発見できるメリットもあります。
他にも履歴書・職務経歴書などの応募書類の書き方や面接でのコツ、面接日程の調整、給与・待遇交渉の代行まで幅広いサポートを受けることができます。

 

膨大な求人情報を抱えている

自分で求人情報を集めるのは大変ですが、専門サイトは、数千、数万の膨大な求人情報を持っています。自分で探すのとでは比較になりません。

 

非公開求人

ほとんどのサイトでは非公開求人を持っており、それを売りにしています。非公開求人の中には極めて条件の良い求人も存在するので、ぜひサイトに登録して情報収集をしましょう。

 

医療機関の内情を知っている

ほとんどのサイトではコンサルタントが医療機関を一軒一軒訪問して求人をとっているので、その職場の雰囲気や忙しさなどの内情も把握しており、それが転職の決め手となる場合もあります。。

 

ミスマッチが少ない

サイトの持つ求人情報は膨大で、しかも、求人先の医療機関の内情まで理解しているため、転職者がはっきり条件の希望を出せば、最適の職場を紹介できる可能性が極めて高くなります。

 

直接言いづらいことも代行してくれる

給料や残業についてなど直接交渉しにくいことも、本人に代わってやってくれます。また、併願時の辞退連絡など自分では言いづらいことも代わりに伝えてくれます。

 

面倒な交渉も代行してくれる

給料や勤務時間などの条件交渉も、代わってやってくれます。コンサルタントは交渉のプロなので、給料UPを勝ち取る人も多いようです。

 

仕事をやめる前から相談に乗ってくれる

仕事をしていると、就職活動にかけられる時間やエネルギーをあまり割くことができませんが、そんなときコンサルタントが自分の代わりに情報収集や条件交渉をしてくれます。また、退職するときのサポートから新しい職場への入職後のサポートもあります。なので、転職を志してから新しい職場に入職するまで無駄がありません。

 

薬剤師転職サイトの選び方

私が調べたところ、現在薬剤師転職サイトは38サイトあります(おそらく本当はもっとあるはず)。本サイトでは比較的大手のサイトを15サイト紹介していますが、それでも少なくない数です。
この中から利用するサイトを選んでいくわけですが、まずはスクリーニングして候補を絞りましょう。

 

1.転職を希望するエリアに求人を持っているか
薬剤師転職サイトも全国規模の会社と一部地域(多くは首都圏)に特化した会社があります。また全国をカバーしていると言う会社も地方では弱い場合もあります。
多くのサイトでは都道府県ごとに公開求人が調べられるようになっているので、まずは自分のエリアを調べてみましょう。ほとんどないようなら、そのサイトは除外します。

 

2.転職を希望するエリアに拠点があるか
情報のやり取りは電話やメールでもできますが、やはり最もよいのは直接エージェントに会って話をすることです。その場合、その会社の支店や営業所がないと会うことは難しくなります。関東や関西だと多くの会社は拠点を持っていますが、それ以外の地域だと中小の会社では拠点がない場合もあります。
とこに拠点があるかはサイトを見ると絶対に書いてあります。

 

3.実績を見る
これまでの利用人数や営業年数が多いサイトは比較的信用できます。また、満足率などを掲示しているサイトもポイントが高いといっていいでしょう。
それ以外の、これといってアピールポイントのないサイトは後回しにしましょう。

 

4.求人数は??
多くのサイトが持っている求人数を誇っていますが、実際は非公開求人が多いので参考程度にしておきましょう。

 

ここまで検討すると随分と候補は絞られるはずです。多分1時間とかからないと思います。
そして最後は、

 

5.実際にやり取りしてみる
実際にサイトに登録すると、まずはメールか電話で何度かやり取りすることになります。この時点で対応が悪いようならそれ以上お付き合いするのはやめましょう。

 

これだけやれば、サイト選びに失敗する可能性はかなり低くなるでしょう。検討を祈ります。

 

薬剤師キャリアコンサルタントとのつきあい方

単に薬剤師転職サイトに登録しただけでは転職は成功しません。基本的に転職活動はプロであるコンサルタントに任せるのが良いとは思いますが、転職は人生の一大事でもあるので、そんな大切なことを人に任せるにはやはり強い信頼関係を築くことが必須です。
コンサルタントとのつきあい方についてのヒントになる体験談を以下に集めました。
やはり、コンサルタントを信頼して、後は任せるという姿勢が成功につながるようです。
逆に言えば、信頼関係が築けないのであれば、担当を変えてもらうか、他の転職エージェントを利用したほうが良いでしょう。利用はどこも無料なので、複数の転職エージェントのコンサルタントとやり取りしてみて、一番信頼できそうな人と付き合っていく、という方法がもっともリスクが低いといえるでしょう。

 

・自分と同じように在職中の方はこまめな連絡が難しいと思いますので、信頼できるキャリアコンサルタントに窓口になってもらい、代理人として交渉していただくほうが転職活動がうまくいくと思います。
キャリアコンサルタントとの信頼関係がいかに大事かを痛感しました。(30歳男性)

 

・一人で悩んでいるのではなく、第三者に客観的なアドバイスをしていただくことは重要だと感じました。
Web情報だけでは分からない薬局の情報を提供していただいたことは、活動をスムーズに進めるために有効だったと感じています。(26歳女性)

 

・転職するときに大切なものは人それぞれ違います。迷ったときに相談できるパートナーを見つけるためにも、人材紹介会社に登録することをおすすめします!(25歳男性)

 

・事前の準備をしっかり行ったことで、面接に対しての不安も軽減されました。
一人では分からないことも、キャリアコンサルタントへの相談で明確になったり、自分の言いたいことの整理にもつながりました。皆さんも相談してみてはいかがでしょうか。 (28歳女性)