薬剤師転職サイト比較レビュー

調剤薬局での仕事と給与の傾向

調剤薬局とは近隣及び同建物内病院・クリニックなどの門前薬局として、調剤のみに特化した薬局です。基本業務としては、調剤・投薬・服薬指導・疑義照会・薬歴記入などです。
さらに、店舗の管理薬剤師になると、基本業務のほかに、薬局の運営・管理業務のにも関わるようになります。
なお、臨床現場の中では一番ポピュラーな職種であり、幅広い応需科目が経験でき、外来患者対応に関してのスペシャリストとしてキャリアを磨くことができ、求人数も一番多くなります。転職・就職先も多く、アルバイト・パートの働き口も豊富です。

 

給与に関しては、新卒で大体300万円前後と言われています。その後は勤務地域や職位等で、かなり幅が出てきます。給与の傾向として、薬剤師の不足している地域ほど、年収相場が高くなっていくのが調剤薬局の特徴です。特に薬剤師充足地域と過疎地域では、およそ100万円近く差が出ます。いくら給料が高くなっても、過疎地域でいやだ、とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、過疎地ではなくとも意外な土地が薬剤師の不足している地域であることもあります。薬剤師転職専門コンサルタントならそういった情報も把握しているので興味があれば是非相談してみましょう。

 

ドラッグストアでの仕事と給与の傾向

ドラッグストアでの仕事は、主にOTCを取扱い、お客様の健康相談のアドバイスをしたり、症状に見合ったお薬を勧めたり、店舗内商品の販売・管理業務をメインで行います。
臨床現場からは多少遠ざかりますが、流通分野のスキルを高めることができ、かつ、自身の裁量で色々なお薬をお勧めすることができることが最大の魅力といえます。求人数は調剤薬局に及びませんが、それでも就職・転職先は豊富にあるといってよいでしょう。また、アルバイトやパートでの求人も少なくありません。

 

給与に関しては、初任給は手当込みで30万円前後からと言われています。一般的に、ドラッグストアでも調剤業務のみを希望する薬剤師よりも、OTCも行う薬剤師の方が給与体系的に高くなる傾向にあります。
それだけ、業務内容も勤務時間も厳しくはなりますが、赴任手当や住宅手当等、基本給外の手当てが厚い企業が多くなっています。規模が大きな企業が多く、人事考課制度が整っているのもドラッグストアは特に好条件な場合があります。是非薬剤師転職専門コンサルタントに相談してみましょう。

 

MRの仕事と給与の傾向

MRは製薬会社における営業職で、学術、研究、開発・品質保証を専門的に行います。
具体的な仕事は、自社製品における、医薬品の安全性や副作用情報等を、医師や薬剤師を始めとする医療機関の方々に迅速かつ正確にお伝えすることです。薬のデータ等を活用し、自社製品のプロモーションを行い、担当医療機関における、販売促進の責任を担っています。

 

MRは自身の売上に応じて年収が上下しますが、一般的に高収入と言われています。上場製薬メーカー勤務のMRになると、平均1100万円以上という高年収です。ただし、その分だけ当然、常に最新の医療知識を必要とされますし、拘束時間も長くなります。
求人は薬局やドラッグストアに比べ少ないですが、興味があるなら是非薬剤師転職専門コンサルタントに相談してみましょう。